喉の症状

喉の症状

症状別でみる

喉が腫れる

喉が痛い

喉の乾燥感

喉の異物感・ものが飲み込みにくい

耳が腫れる

声がかすれる・声が出しにくい

咳が出る



喉が腫れる

喉の腫れを来たす疾患で、なんと言っても多いのが扁桃炎です。扁桃炎は痛みも伴います。また、扁桃や咽頭でなく、耳の下のリンパ腺など、ほかの部位が腫れていても、喉が腫れたように見える場合があります。


喉が痛い

喉が痛い

咽頭炎や扁桃炎が喉の痛みをもたらす疾患の代表です。耳の下のリンパ腺が腫れても痛みます。この場合は、耳の痛みとして感じられたりもします。急性喉頭炎も、喉の痛みを招きます。
喉の痛む場合は、ほかの症状は無いか、また喉の痛み方はどんなかを把握することも大事です。例えば、喉のどの辺りが痛むのか、じっとしていても痛むのか、それとも物を飲み込んだ時に痛むのか、といったことをチェックしていきます。


喉の乾燥感

「いがらっぽい」「喉が乾きやすい」といった症状を乾燥感と称します。喉がいがらっぽくなるケースのほとんどが咽頭炎によるものです。急性喉頭炎も、喉の乾燥感を招きます。シェーグレン症候群(唾液の分泌が低下する)や糖尿病でも喉が乾きやすくなります。また、喉頭や咽頭の悪性腫瘍に対して放射線治療を行っている場合にも、喉の乾燥感がもたらされます。


喉の異物感・ものが飲み込みにくい

喉の異物感・ものが飲み込みにくい

咽頭炎、扁桃炎、慢性声帯炎、声帯ポリープなど、咽頭や喉頭、食道に何らかの異物があったり、あるいは炎症が起こっていると、喉の異物感が生じます。咽頭がんや食道がんなどでも、喉にものが引っかかっているような違和感を覚えます。咽頭がんや食道がんが大きくなると、食べ物がつかえるため、飲み込みにくくなります。また、高齢になると、食べ物がうまく飲み込めない、むせるといったことが起こってきますが、これは食べ物や飲み物を飲み込む「嚥下反射機能」が低下してくるためです。

一方、検査をしても異常が認められないのに、喉に何かが引っ掛かっているように感じられるようなら、咽喉頭異常感症が疑われます。咽喉頭異常感症は心理的な疾患で、神経質な人によく見受けられます。


声がかすれる・声が出しにくい

カラオケなどで大きな声を出し過ぎると、一時的に声がかすれることがあります。これが、急性喉頭炎です。声のかすれが続くようなら、慢性声帯炎かも知れません。
声帯ポリープがあると、声はかすれ、大きな声が出しづらくなります。声がかれてダミ声になるのは、ポリープ様声帯です。声帯結節は声が高い人によく見られますが、これでも声が出しづらくなります。加齢などによって起こる声帯溝症では、声に力がなくなり、大きな声が出せなくなります。反回神経麻痺でも、声帯の動きを支配している神経が麻痺するため、大きな声が出しづらくなります。
声のかすれが見られた時に、最も警戒すべきなのは喉頭がんです。声のかすれが続き、そのかすれがだんだんひどくなり、しかもかすれ方がひどいようなら、喉頭がんが疑われます。

咳が出る

咳は、体の防御反応であり、空気の通り道にある異物を排除します。気管支炎の症状としてよく起こりますが、なかでも最近問題になっているのが、アレルギー性の気管支炎です。
また、鼻汁が喉に落ちると、慢性気管支炎を引き起こして、咳症状をもたらすことがあります。

いびきをかく

いびきをかく

いびきそのものは、命にはかかわりません。しかし、いびきが呼吸停止を伴うケースがあり、これを睡眠時無呼吸症候群といいます。この場合は、高血圧や心臓病などにつながる怖れがあり、命にもかかわってきます。いびきの原因は、主に鼻腔や口腔にあります。鼻中隔弯曲症(びちゅかくわんきょくしょう)や鼻茸(はなたけ)、慢性副鼻腔炎、扁桃肥大、アデノイド増殖症などが、いびきの原因疾患になります。



  • 耳の症状
  • 鼻の症状
  • 喉の症状
  • 補聴器外来
  • めまい外来
  • 花粉症について

モバイル 携帯からもご覧になれます。http://www.nakajima-jibika.jp/

患者の気持ち


ページのトップへ