花粉症について

花粉症について

くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみなどの諸症状を引き起こす花粉症は、アレルギー性鼻炎の一種で、特に植物の花粉が原因となります。スギ・ヒノキの花粉がよく知られていますが、原因となる植物はスギ・ヒノキ以外にも、たくさん存在しています。


花粉症の治療方法

花粉症の治療方法

治療を始める前にアレルギーの原因(アレルゲン)を特定することによって、花粉症を起こりにくくすることができます。アレルゲンの特定にあたっては、問診、鼻鏡検査、血液検査などのアレルギー検査を行います。アレルゲンを特定した上で、抗原回避と薬物療法を中心に治療は進められていきます。


内服薬

花粉症の治療に通常用いられるのは「第2世代抗ヒスタミン薬」で、一般にアレルギーのお薬といわれるものです。鼻汁やくしゃみ症状が強いタイプの人に効果的で、スギ花粉の飛散が開始する2週間前(症状の出る前)から予防的に飲み始めます。症状が現れてから飲み始めるのに比べて、症状が軽く済むことが多いというデータがあります。
スギ花粉の飛散が開始する日は、「一観測地点で、1月以降に1平方センチメートルあたり1個以上のスギ花粉を原則として2日以上連続して観測した場合の最初の日が、その観測地点の飛散開始日となる」(財団法人日本アレルギー協会 花粉情報標準化委員会の定義)とされています。

これは、その年の1月の日々の最高気温を毎日足していった値により算出され、350℃~400℃に達した時が目安とされます。実際にいつ頃、花粉の飛散が始まるかというと、過去のデータを調べると、東京都の場合はだいたい2月5日~20日の間です。年によって2週間くらいの差が生じているので、東京都の方の場合は1月下旬頃から飲み始めると良いでしょう。

鼻スプレー

内服薬と鼻スプレーを併用すると、症状が強い人や鼻づまりが強い人に効果的です。
特に局所ステロイドスプレーは効果が強く副作用が少ないため、症状が強く出る人や鼻づまりが強い人には、内服薬に加えて用います。ステロイドの内服薬と違って、局所ステロイド薬のスプレーは、使用量がごく微量です。しかも体に吸収されにくいため、安心して使えます。


花粉症対策について

外出時には、マスクや帽子を着用

花粉症の治療方法

マスクは花粉の吸引を最小限に抑え、帽子は髪に花粉をつきにくくします。外出の際は、マスクや帽子を着用しましょう。服装としては、フリースなどの花粉がつきやすい素材の服は避けます。
家に入る前には、体をよく払い、花粉を落としましょう。


洗濯物は家の中に干す

花粉が多い日は、洗濯物は家の中に干すようにしましょう。洗濯物を外に干した時は、花粉をよく払ってから取り込んでください。

こまめな掃除と空気清浄機の活用

花粉が多い日は、洗濯物は家の中に干すようにしましょう。洗濯物を外に干した時は、花粉をよく払ってから取り込んでください。

バランスの良い食事を摂り、よく眠る

ストレスや疲労は、アレルギーを出やすくしますので、アレルギー疾患である花粉症にも悪影響を与えます。栄養バランスの良い食事を心がけ、十分な睡眠をとって心身を休め、健康を保つことが花粉症対策にとっても大切です。



  • 耳の症状
  • 鼻の症状
  • 喉の症状
  • 補聴器外来
  • めまい外来
  • 花粉症について

モバイル 携帯からもご覧になれます。http://www.nakajima-jibika.jp/

患者の気持ち


ページのトップへ